みやじまぐちの想い出shop epilo-えぴろ-

広島のいいもの

epiloスタッフの
おすすめ商品

  • うれしい!広島土産セット

    広島の美味しいものをもっとたくさんの方に知っていただきたい。そんな思いで選りすぐった、ココロとカラダにやさしいギフトセット。

  • 宮島はちみつ

    世界遺産「宮島」の原生林にある養蜂場で獲れた貴重なはちみつ。トーストにつけると美味しいですよ。

  • 瀬戸内大崎上島の生詰生姜レモン蜜

    瀬戸内大崎上島の生詰生姜レモン蜜

    カフェでドリンクにおだししている人気の生姜レモン蜜。ノンカフェインなので妊婦さんにも喜ばれます。

epiloセレクト
広島のおみやげもの

  • 熊野筆 玉信堂 泡立て洗顔ブラシ

    洗い心地抜群。柔らかな山羊機毛でお顔をマッサージするように洗います。 長さ8.5㎝ 毛丈約4.0㎝ 粗光峰(山羊)

  • 広島かきみそラー油/生七味

    手摘み赤唐辛子,大竹産かきを使って手作りされたちょっと贅沢なラー油と生七味。ご飯やパン、餃子などいろんなお料理とも相性抜群。

  • うみべのしおのり/三國屋

    オーガニックオリーブ油とゲランドの塩だけでさっぱりしあげた「しおのり」。おつまみになる美味しさです。

epiloオリジナル
おみやげもの

  • epiloクッキー(レモン・ほうじ茶&抹茶)

    シカ模様のスクエア型クッキー。レモン味と、ほうじ茶&抹茶の2種類あります。

  • epiloオリジナル杓子(倉本杓子工場)

    全国を代表する手工業品として評価も高い倉本杓子工場にお願いして作ったオリジナル杓子。柄の部分に「epilo」の刻印があります。

  • epiloお茶set

    広島で獲れた茶葉で作ったepiloオリジナルお茶セット。お土産にも人気です。

広島の作家たち

  • irodr(飯田 英樹)

    アクティブクリエイター。木、磁器、ガラスを組み合わせた商品を制作する。宮島への旅の思い出になるような箸置きが人気。

  • anone-nani

    アーティスト。シルクスクリーンという手法で紙物、Tシャツ、雑貨など制作・販売。epiloではオリジナルスタイ・Tシャツを販売。

  • 嶋津 まみ

    18年間東京を拠点に広告、雑誌、書籍を中心に活躍後、故郷広島へ。2011年、ユニット「JOY」結成。スタイリッシュなイラストが人気。

  • にしもと おさむ

    イラストレーター。子ども向け紙工作のデザイン、展示作品制作&アートディレクションなど多岐に渡って活躍中。

  • Seiko Sketch

    画家・イラストレーターである永沢まこと氏との出会いからスケッチの世界へ。足繁く通った、宮島の小冊子「ななづくし」を発行。

  • naoko b.m.

    イラストレーター。アメリカでアート全般を幅広く学ぶ。epiloではおよそ6cm四方の中に世界を詰め込んだ豆本を販売。

  • 立花テキスタイル研究所

    2009年立花テキスタイル研究所としてスタート。地域の資源を活かしたテキスタイル関連商品の研究、開発・販売まで行う。

  • Crude(クルード)

    「未精製・未完成という意味で使われる形容詞」日常生活で使用し、経年変化することで初めて完成する鞄をコンセプトに制作

  • BOOSUKA(ブースカ)

    広島県因島市(現尾道市)出身のイラストレーター。大阪での広告制作会社勤務を経てフリーに。2006年から拠点を広島市に移し活動中。

  • fukunary

    国内一流ブランドの委託加工から経た技術を用いて「金襴」「尾道帆布」などひろしま素材を使った小物、バッグなどを製造販売する

  • 山根対厳堂

    宮島口にて大正元年創業。厳島神社御用窯。厳島神社御神殿下の御砂を混ぜて作陶したお砂焼は茶道具、花器、食器など多岐にわたる。

  • 三澤はじめ

    図画工作人。2011年広島県美展 奨励賞、2012年第20回ひろしまナイト美術大賞優秀賞、アート動物園2位受賞

  • 船越 まなみ

    比治山女子短大日本画専攻卒業後、一径工房で版画を学ぶ。女性らしい繊細な線が印象的。

  • アトリエずいこ

    手描き京友禅のデザイン・彩色を手がける京友禅作家、中村穂湖が営む。和のスタイルを楽しむ小物も揃う。

  • アトリエふう

    ガラス作家。ひとつとして同じ形のないアシンメトリーなガラス作品が並びます。

  • atelier壱(佐々木しず)

    広島県呉市にアトリエを構える陶芸家。繊細で女性らしい美しさを感じさせるデザインが魅力。2011年第63回広島県美術展工芸系大賞受賞。

  • 大田 一成 

    染付と青白磁の器をつくる陶工家。深みのある呉須の青と白のコントラストが魅力。毎年届く干支の置物を心待ちにするファンも多い。

  • 工房 息吹木(蝶野 秀紀)

    「木地の見える」ことにこだわり、丁寧に一つひとつつくられる作品は、「美しい」よりも「使ってみたい」と思ううつわばかり。

  • テツトカ(辻陽水)

    鉄造形作家。普段は広島県廿日市市にある工房で受注品を作っている。その作品は、テーブルの脚や椅子、表札やオブジェなど多岐にわたる。

  • 素描家 しゅんしゅん

    建築の世界から素描家へ。2012年春より広島を拠点に全国で活動中。「風景をなぞるようにただ素を描写」した作品が印象的。

  • エディット・キュー

    「もらってうれしー見て楽しー」をコンセプトに、広島電鉄の電車や広島お好み焼きを忠実に描いたポストカード等のグッズが人気。

  • ジョンブリアン

    きらりと光る雑貨が揃うセレクトショップ「ジョンブリアン」。オーナーが作る1点モノのブローチを扱っています。

  • Gratimmy

    海外から仕入れるアンティークや時計部品、オリジナル染めの花びらなど様々なパーツを組み合わせて作られるハンドメイドのアクセサリー。

  • 沖 真理

    布をこよなく愛し、選び抜いた古布にクレイジーステッチを施す。彼女の作品が買えるのは広島ではepiloだけ。

  • 梶川ゆう子

    広島市在住のイラストレーター。水彩画のやさしいタッチと色使いは見るものをやさしい気持ちにしてくれます。

  • 石田敦子

    イラスト、絵の制作、布バッグ、かごバッグの制作など多岐にわたって活躍するアーティスト。

  • 10サンジ(若狭祐介氏・蓮尾寧子)

    広島県江田島市に暮らす若狭祐介・蓮尾寧子。 二人がつくる器は、日常にしっくりと馴染む素朴さと温かさがあります。

  • 朴禾(ぼくか)器

    朴禾 bocuca(佐々木りつこ)

    2011年、広島県安芸高田市に朴禾を開窯。見ているだけで気もちがほころぶ器たちです。

  • hitotsu_tote(mitsuko)

    革作家mitsukoがつくるバッグや革小物。シンプルかつ個性的で大人なデザインが魅力です。

店内には他にもたくさん商品がございます。ぜひご来店ください。

商品のお問い合せについて

お問い合わせは、メールでも承ります。ご遠慮なくお問合わせください。
※なお、ページ上の店内写真にある商品は店頭にて完売することもございます。あらかじめご了承ください。


PageUP
x